top of page

国際理解セミナー「ケニアを知ろう!」

ケニヤ出身北茨城市英語指導助手 カウィチェ・マエダさんが母国について、文化、郷土、部族、教育、産業等色々な角度から分かりやすく説明され、参加者はケニヤについて理解を深めると共に、カウィチェさんとの交流を行いました。

2019.01.27


今年度の国際理解セミナーが北茨城市英語指導助手のカウイチェ・マエダさんを講師に迎え、中郷多目的ホールにて開催されました。


市民の皆様と共に、ケニヤについて楽しいトークを交え、多分野について説明がなされました。参加者はケニヤを再認識し一度訪問してみたいとの声も上がっておりました。




最後にはカウイチェさんのお母さんが、SNSを通じて挨拶されぜひケニヤを訪ねて欲しい、私も娘の住む素晴らしい北茨城を訪ねてみたいとのお話しがありました。


“なぜケニヤはマラソンに強いの?”


またなぜケニヤはマラソンが飛びぬけて強いのかの質問があり、答えは、赤道直下にケニヤは位置しているが高地にある為、生まれながらに心肺能力が高く、部族にもよるが狩猟にて鍛えた足腰がその強い一因とのこと、ガッテンでした。

ケニヤを知りかつ異文化をさらに理解しつつ交流を深めるという、KICSの基本理念に基づきこのようなセミナーがプロジェクトチームにより企画され、成功裏のもと行われました。




次年度も新しい視点よりユニークなセミナーの企画運営を考えております。



閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年のご挨拶。

明けましておめでとうございます。 はじめに、令和6年能登半島地震により犠牲となられた方々にお悔み申し上げるとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。 昨年は数年ぶりに復活した恒例事業はじめ、KICS設立記念イベントへのご支援・ご協力、誠にありがとうございました。 2024年は、若人親善大使派遣事業の再開や、昨年スタートした外国人住民サポート事業の拡充など、引き続き北茨城市と世界をつなぐ

Comments


bottom of page